GTR法について

歯周病の炎症が原因で破壊された歯の硬組織(セメント質など)を、外科的治療後にメンブレンを入れ、新生、回復をすすめる治療法がGTR(guided tissue regeneration)法といいます。このGTR法は、スウェーデンのヨーテボリ大学のスティーレ・ニーマンらに初めて成のが報告がなされた。この治療法を、組織再生誘導法また、歯周組織再生誘導法などという。

■概要
長い上皮性付着と接合上皮性付着の双方は、これまで行われてきた歯周病治療の外科的治療の予後回復過程において、歯肉上皮が傷口にかぶさる速さが一番早い事から、いずれかとなっていた。
そこで、GTR法はメンブレンを使い、もともとの組織である細胞がセメント質の再生と同時に結合組織性付着を作る事が出来るように、外科的治療後に、歯肉のような軟組織が先に歯根面に到達しないようにする為の治療をします。 その際に使用するメンブレンは、非吸収性と吸収性の二種類があります。


■ 術式
方法は従来行ってきたものと同じ手術で、その後にメンブレンを装着します。
非救出製のメンブレンを使用した際は、それを取り除く2度目の手術します。

■適応症
* 2度にわたる根分岐部病変
* 2壁性と、3壁性骨欠損

■吸収性と非吸収性
吸収性の膜は2度目の手術をしなくてよいという利点がありますが、空間を作るには皮吸収性膜の法が有利であり、吸収されない点を逆に考えると、必要な期間だけ、メンブレンを装着しておけるので、利用価値は高い。


■GTR法とエムドゲイン
GTR法は歯根からセメント質の新生させるための空間を作って行う治療方法で、エムドゲインはセメント質を誘導するのに、エナメルマトリックスを使用する。付着力が強いのは、エムドゲインの方である。

審美歯科の治療現場で通常セラミックを使用するには例えば歯冠継続歯の付け替え等が使い方としてありますが、詰物にも汎用のセラミックを適用することができるといわれています。
当の本人でさえも自覚していない間に歯にヒビが存在する事も想定されるので、ホワイトニングをする場合にはしっかり診察してもらわなければなりません。
針のいらない無針注射器のシリジェットと痛みの少ない様々なレーザー治療器を併用して施術することで、口内炎も虫歯も苦痛をほぼ味わわなくて済む処置する事ができるとされています。
甘い嗜好品を大量に食べたり、歯みがきを手抜きすると、歯周病を引き起こす菌が増殖し、プラークが繁殖してしまい、最終的には歯肉炎が出現してしまうと考えられています。
初期は歯周病の原因菌が歯の表面に付着してしまい、それが引き金となって歯肉に炎症が生じてしまって赤味を帯びたり、ブラッシングすると毎回出血してしまうような症状が見られるのが歯肉炎の病状なのです。


口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を和らげ、歪んでしまった顎関節の内側を正常化するトレーニングをしたり、顎関節の動作をより改善する有効な運動を行います。
キシリトール内の成分にはむし歯を拒む力が認められたという研究が公開され、それ以来日本をはじめとする世界中の色んな国で非常に活発に研究がなされました。
恥ずかしい話ですが日本は予防においては残念なことに後進国と言われ、欧米人に比べても日本人の歯の生存期間が縮まってきています。そもそも病気の予防全般における認識が違うのでしょう。
歯の表面であるエナメル質にこびりついた歯垢や歯石等を除去するのを総称してクリーニングと言いますが、それらの歯垢や歯石などは虫歯を引き起こす理由と認められています。
大人と同様、子供の口角炎の場合もいろんな病根が存在します。とりわけ多いきっかけは偏食によるものと菌に分けられるようです。


いまや大勢の人に認識される事になったキシリトールが入ったガムの性質による虫歯予防方法も、こういった研究での発見から、作られたと言えるのです。
本来の唾の役割は、口のなかの洗浄と菌の働きを妨げることです。ですが、これだけではないということです。再び歯を石灰化するには唾液が絶対に欠かせないため、分泌量の増加というのは大切なチェック項目です。
患者への情報の発表と、患者本人の自己決定権を軽んじなければ、それに見合うだけの義務が医者サイドに対して厳重に望まれるのです。
歯のおもてにこびりついた歯石と歯垢等の汚れを除去する処置を歯科ではクリーニングと呼びますが、その歯垢や歯石等はむし歯を引き起こす病根と認められています。
これは顎を使うと左右の耳の傍にある顎関節に異音が起こるもので、顎関節症の病状ではもっとも頻繁に発生しており、ことさら第一段階で多く起こっている顎関節症の特徴です。

歯科衛生士が在宅での医療で要望されるのは、真っ先に患者さんの口の中を掃除してきれいにすることです。患者さんの口内が汚い状態のままだと、雑菌が増殖した不衛生な歯のカスを飲み込んでしまうかもしれません。
永久歯というのは普通、32本生えるはずですが、人の体質によっては、永久歯の出そろう頃になっていても、特定の箇所の永久歯が、理由は分からないけれど出ないケースがあってしまうようです。
あまり知られていませんが、虫歯は、虫歯の細菌が歯を溶かす進行具合に、歯の再石灰化の機能(とけてしまった歯を前の状態に修復する力)の速度が劣ると起こってしまいます。
普通の入れ歯の短所をインプラントを施した義歯がフォローします。離れずに密着し、お手入れの楽な磁力を採用した義歯も出ています。
医師によるインフォームド・コンセントは、今の患者の病状を明確に掴み、それを解決する治療の実践に、嫌がらずに努力するようにしましょうという思想に端を発しています。

入れ歯というものに対して描かれる心象や思い込みは、自身の歯との使った感じを対照させるために、期せずして増大してしまうと考えられます。
気になる口臭を抑制する効能のある飲み物としては、名前があがるのはコーヒーですが、あまりにも飲み過ぎると口の中がカラカラに乾いてしまい、意に反して口臭の要因になります。
上顎と下顎の噛み合わせの不調は、耳のあたりに異音が起こる顎関節症の要因のひとつではありますが、まだ他にも要因が確かにあるはずだという意見が浸透するようになってきたそうです。
歯科医師の訪問歯科診療の事例では、該当処置が済んだ後も口腔ケアをしに、定期的に幾度か歯科衛生士達が、伺うことが時折行われます。
患者に対する開かれた情報と、患者が下した要望を重要視すれば、それに応じた役割がたとえ医者であっても厳正に追及されるのです。

下に比べて上の親知らずは、麻酔の効能が効果的であるため、歯を抜く瞬間もほとんど痛みを感じるといったことが少なく、痛さに敏感な方だとしても手術は比較的簡単に行えるのです。
歯の持つ色とは実際は純粋な白色ではないことが多くて、それぞれ違いますが、大方の歯の持つカラーは、黄色っぽかったり茶色っぽい系統に色が付着しているようです。
大人と同じように、子供の口角炎にもさまざまなきっかけが予測されます。殊に目立つ要因は、偏食及び細菌の作用になっているようです。
糖尿病という面から判断して考えると、歯周病になったが故、血糖の調節が不可能になり、それが原因で、糖尿病の深刻化を誘引してしまう恐れも潜考されます。
審美歯科に懸かる施術では、「悩みのタネははたしてどういったことか」「どういった笑い顔を入手したいのか」をじっくりと打ち合わせることを第一に取り掛かります。